艶無し極マット仕上げ ポロサス スモールクロコダイル ラウンドファスナー長財布 ブラック

J-po-black-mat

420,000円(内税)

「後世に受け継がれるクオリティー」
極マット仕上げポロサス 一点物長財布

「極マット」その名の通り艶を一切なくし、マット仕上げを極めたブラックのポロサスクロコダイル。
他では手に入らない、馬車道今井のオリジナル素材のポロサスです。
ポロサスならではの手に吸い付くような上質な柔らかさがあり、若干茶色やゴールドがかった様な、若干の色むらが一辺倒なブラックとは一線を画す魅力があります。

実際にお手に取って頂ければ実感して頂けると思いますがこれ以上の仕立ては他には無いはず。
馬車道今井がクオリティーには絶対の自信を持ってお勧めする長財布です。

1枚1枚表情も色合いも異なり2つとして同じ物はない、
そんな一期一会の出会いもクロコダイルの魅力です。


YouTubeでも紹介しています。視聴はこちら

特別な思いを込めて
お客様の声を紹介


【定番ラウンドファスナー長財布
価格改定のお知らせ】


「最も贅沢で美しいカット」



コストを優先するならサイズの大きいクロコ一枚で何個も財布を作ることは可能ですが、馬車道今井は上記画像の様にセンター取りと呼ばれるクロコダイルの一番高級な腹部位全体を使用し、一匹から財布一個だけ最も贅沢な方法で作成しています。

左右対称に鱗模様が美しくきれいに広がりクロコダイルの魅力と迫力を最大に引き出しています。

表面の傷などを隠すために多くの加工を施されたクロコダイルと違い自然のままの表情を生かした仕上げとなっており、使う程に艶は増し、色が徐々に濃く変化していきます。

~他との違いを実感する圧倒的な内側~
「技術の粋を追求した仕立て」



量産の様な工場ライン生産は行わず、一人の職人「ジャック」が裁断から仕立てまで一貫して一つの財布を仕上げています。
馬車道今井はこの職人「ジャック」の仕立て技術に絶対の信頼を置いています。


通常、財布は薄さを出すために内側に合皮や生地を使用しますが本商品は内側には生地、合皮等一切使用せず、イタリアのトスカーナ地方にある老舗タンナーワルピエ社のドラーロという牛革を全てに使用しています。
イタリアの革の中でも高級革として知られており、表革として使用されるほどの質の高い革です。

ステッチ部分(外側の縫い目)は縫製前に糸を通す細かい無数の穴をあけ、その穴に沿って糸を通していく手縫いで仕上げています。
この手縫いにより繊細な作業技術と膨大な作成時間を要していますが、ここまで拘ることにより仕立てのクオリティーと縫製がより安定し、耐久性がとてつもなく上昇します。





手作業でこの薄さと容量、繊細なつくりはまさに技術の粋。
国内でも最高レベルを持った職人といっても過言ではありません。
小銭入れの底が高くなっており取り出しが非常に楽な仕様になっています。
通帳も余裕をもって収納が可能です。




後世に受け継がれる長財布へ
「最高の革に最高の職人技術を」

馬車道今井の自信作のラウンドファスナー長財布。
クロコダイルのクオリティーは勿論ですが、この財布の一番の拘りは「仕立て」です。
第一作目の出来上りの時「僕の技術の粋です」と言って納品に来て頂きました。
内装はオールレザーに拘りとても繊細で美しい仕上がり。
決して妥協なく毎回の作成ごとに技術を加え、追求し、
「ノーストレス。どこにも非の打ちどころがない究極の長財布に仕立て上げています。」
拘るからゆえの技術の追求、職人魂と言うのでしょうか。

「いつの日か若い職人がこの財布を手に取った時、自分や多くの職人がしてきたように、どうやって仕立てているんだろうとこの財布を解体する。」
誰にも真似ができない技術をこの中に詰め込んでくれました。

その技術に見合うようにクロコダイルも最高級を厳選。
これが馬車道今井 究極のラウンドファスナー長財布。
手に取っていただければ他のどの財布でも味わえないクオリティーに感動していただけます。
きっとこの財布の存在が自身の価値を高め、長く寄り添うようにお使い頂けます。
まさに半永久的に使える、後世に受け継がれる長財布に仕上がりました。

「馬車道今井定番ラウンドファスナー長財布」
「馬車道今井でしか手に入らない一点物」に拘り、毎回革屋で代表今井がバイヤーとして長年の経験のもと世に出回らないような貴重で「どこよりも面白い革」を厳選し、国内トップレベルの職人に仕立てていただいている長財布です。
実際にお手に取って頂ければ実感して頂けると思いますがこれ以上の仕立ては他には無いはず。
世にこれ以上のクオリティーの財布はないと思えるほど自信を持ってお勧めする長財布です。

「ポロサスとは」
スモールクロコダイル、またはイリエワニとも呼ばれるポロサスは世界全体のクロコダイル流通量に対して約7%前後と極めて希少性が高く、また数あるクロコのどの種類よりも最高品種として非常に人気の高いクロコダイルです。
同じ体長の他種類のクロコと比べた時、ポロサスは鱗一つ一つの大きさが比較的小さく、腹部の正方形をした鱗が美しく並び横腹の部分は丸い形状をしているのが最大の特徴です。
その美しい鱗の配列は黄金比に例えられるほど、革の王様クロコダイルの中でも別格の価値を誇る革です。

「ポロサスとナイルクロコダイルの違い」
ポロサスとナイルクロコダイルの違いは大きく分けて「希少性」「柔らかさ」「鱗の大きさと模様」です。
・「希少性」
⇒ポロサスは世界全体のクロコダイル流通量に対して約10%前後と極めて希少性が高いのに対してナイルクロコダイルは流通量が多く幅広く使用されている。
・「柔らかさ」
⇒ポロサスはナイルクロコダイルに比べて非常に柔らかさがあり、対してナイルクロコダイルはある程度の硬さがあり、長財布にした時に若干の張りを感じる。
・「鱗の大きさと模様」
⇒同じ体長サイズのポロサスとナイルクロコダイルを比べた時、ポロサスの方が鱗一つ一つが小さくきめ細かい。
またポロサスの腹部位の鱗は正方形に近く横腹は丸いのに対して、ナイルクロコダイルは鱗一つ一つが腹部位から横腹部位全体的に縦長の長方形に近い鱗模様である。


「内側のこだわり」
通常、財布は薄さを出すために内側に合皮や生地を使用しますが本商品は内側には生地、合皮等一切使用せず、イタリアのトスカーナ地方にある老舗タンナーワルピエ社のドラーロという牛革を全てに使用しています。
イタリアの革の中でも高級革として知られており、表革として使用されるほどの質の高い革です。
柔らかくしなやかな革でカードの出し入れがとてもスムーズに行えます。

ステッチ部分(外側の縫い目)は縫製前に糸を通す細かい無数の穴をあけ、その穴に沿って糸を通していく手縫いで仕上げています。
この手縫いにより繊細な作業技術と膨大な作成時間を要していますが、ここまで拘ることにより仕立てのクオリティーと縫製がより安定し、耐久性がとてつもなく上昇します。

生地等一切使用しないオールレザー仕上げでこの薄さと容量。
手作業でこの内側の繊細なつくりはまさに技術の粋。
国内でも最高レベルを持った職人といっても過言ではありません。

「小銭入れの底上げ仕様」
小銭入れは底を高くし小銭の取り出しが非常に楽な作り。
また小銭を入れることで財布上部に厚みが出てもシルエットが不格好になることはなく、ファスナーが閉まらなくなることはありません。

「アフターケアーについて」
当店ではサービスを通じてお客様とも長くお付き合いさせていただきたいという思いを持ちながら一つ一つの商品に時間をかけ作成し、向き合いながらご提供させていただいております。
使用に応じての破損等、何かございましたら基本的に無料で修理を承ります。

「皮革の取り扱いについて」
当店ではお手入れなどは特に必要としない、使用するほどに生じる自然な経年変化をお楽しみいただくことをお勧めしています。
また水に濡れるとシミになることもありますので雨等で濡れた場合は乾いた布などでたたくように水分をふき取り、風通しの良い場所で陰干しをしてください。
また財布の角などは擦れやすいので持ち運びの際はご配慮いただき、型崩れを起こしやすいパンツのポケットに入れての持ち運びはお控え頂くことをお勧めしています。

↓専用の箱に入れてお届けいたします。


↓ギフトラッピング無料!!専用の手提げも一緒にお届けいたします。



クロコダイル専門ページはこちら

クロコダイル革の拘りはこちら

職人の拘りはこちら

一匹から1つだけ作る拘りはこちら

生産:日本
縫製:職人仕立て
素材:ポロサス/スモールクロコダイル
内側:イタリア産牛革
ファスナー:YKKエクセラ
    ダブルタイプという密度が高いモデルを使用。
    使い始めは少し硬さがありますが耐久性が非常に高く、使う程に摩耗し開きやすくなります。
色:ブラック
サイズ:横20x縦11厚さ2.5(cm)
仕様:小銭入れ×1 
   マチポケット大(札入れ)×2 
   マチポケット小(札入れ)×1
   マチ無ポケット(領収書等入れ)×3
   カード16枚収納

商品についての質問等はお電話、メールフォームもしくはLINEにてお問い合わせください。
LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加

*パソコンでの閲覧という特性上商品の画像が実際の色目と多少異なる場合が有りますがご了承ください。

レビューはありません。