ierib horsebutt leather clutch bag 馬革/ホースレザークラッチバッグ 在庫あり

ierib horsebutt leather clutch bag 馬革/ホースレザークラッチバッグ
コードバンを含む馬のお尻全体を使用したierib馬革のクラッチバッグ。
ieribの中でも特に人気の高い定番の形。
ビジュアルの迫力は半端じゃありませんが、直接商品に触れたお客様はその馬革の硬さに衝撃を受けます。





アーティスト自身が直接加工からデザイン、縫製、全て行うことにより表現されるieribという世界観。

馬革の内臓側をあえて表に使用しごつごつとした荒々しくかなりワイルドな表情があります。
一枚革をそのまま使用しているため革同士の縫い目がなく、同じ革でも部分的に表情がかなり異なります。



最初はかなり硬さがありますが、使い込むほど、だんだん艶が増し、柔らかくなっていきます。

ファスナーにはゴールド加工、ファスナージップにはさび加工を施し全体的に荒々しさを感じつつも
落ち着いた雰囲気を持っています。



大きさは、長財布、単行本、携帯、と男性の必需品がちょうど入る大きさです。
スマートに、とても手にフィットして持ちやすく圧倒的に目を引くクラッチバッグ。



ierib
ロンドン カレッジ オブ ファッションパターン&ガーメントテクノロジー課の
イギリス式テーラーリングをベースとしたパターンデザインを学ぶ。
卒業後イタリアのフローレンスでテーラーの修行をし、帰国後京都にアトリエを構える。
革は自身が開発に関わる事もありますが、それ以外はイタリアやアメリカの
老舗のタンナーから着分だけ取り寄せて作ります。
扱う革の拘りも半端でなく、私自身がほぼ今まで手に取った事のないような革ばかりで、
扱うこちらがまず勉強させられ、感動しています。

昨今デザインをする人や作る人は沢山いますが、こんなにきっちりと勉強してきて、
デザインも出来て、パターンもひけて、縫う力もある。
異彩という表現以上の形容詞が彼には必要なほどその世界観は経験と技術をもとに異彩を放っています。

・通常はデザイナーがデザイン画を描き、それをパタンナーが形におこし、
縫製工場が縫う。言わば伝言ゲームの様なもので、そこで間違いなくズレが生じてきます。
デザイナー自ら、デザイン、パターン、裁断、縫製、加工の全行程を行うことで
デザイナーのコンセプト を表現する事に重きをおいております。

製品に関しましては、皮革作成段階より数段のプロセスを経てデザイン、パターン、
縫製、金属パーツの加工、最終的な製品の加工まで現行の機械に頼らず、
デザイナー本人の感性による手作業にて製作しております。
その為同じ商品でも全くの同一ということはなくそれぞれの表情が
異なり一点ものに近い作品です。

オーダーに関して
納期 九月までのオーダーで翌年の春出来上がり。
   三月までのオーダーで年末出来上がり。
オーダーは実店舗のみ承っています。

生産国:日本 京都
素材:ieribオリジナル 馬革(コードバンを含むお尻全体)
サイズ:約横33x縦19 (cm)
色:ブラック

*メーカーの意向によりネットでの価格公開と販売は行っておりません。
ご購入をお考えの方や商品についての質問等はお電話、メールフォームもしくはLINEにてお問い合わせください。
LINEからでもお気軽にお問い合わせください。
友だち追加
型番 B2-WHB
購入数
Soldout