手染め革一点物 メンズ レザーボストンバッグ

横浜のレザー専門セレクトショップがおすすめする
手染め牛革一点物 レザーボストンバッグ

デザイナー兼職人が独自の技法を持って筆で丁寧に革に色を付けていきます。
一筆入れて乾かし又一筆入れて乾かす、油絵のような気の遠くなる作業の繰り返しです。
色の濃淡もデザイナーの感性によって一つ一つ表現は異なります。
だから一つとして同じものは出来上がりません。

一般的な表面だけに色を付ける顔料と違い
薄い染料を色味と濃さを変えながら何層にも分けて染めと乾燥を繰り返します。
筆を使い手作業で色を塗り重ねることにより独特な色と雰囲気を出します。

縫製も、「鞄」この作りに一針一針拘り抜いた作りです。
コバの塗磨き上げ、細部にまで、妥協のない拘りです。

通常のお仕事用にお使いいただいても、ご旅行や出張ように
お使いいただけます。鞄のオーラが半端じゃないので、何処に持っていかれても、
注目される鞄になると思います。
ショルダーバッグとしてもご利用可能です。




馬車道オリジナル一点物について
フルオーダーの一点物商品は、当店の提案からデザイナーに形を起こして頂いた当店だけのオリジナル鞄です。
一点物を拘らせて頂いていますので、多少のデザインや、雰囲気、色の濃淡を変更してのご提案をさせて頂いています。

作成をお願いしているアーティストBashareの紹介
馬車道今井が作成を依頼するアーティストBashare。
「鞄」創りにとことん拘り、妥協なきアーティスト。
コンセプトは『耐久性』『愛着』『気品』
お客様のご要望や作る作品の内容を何度も打ち合わせをして
素材選びからデザイン、パターン、仕上げに至るまで一貫してお願いしています。

*革への拘り
お客様の特別なリクエストがない限り、素材には、
植物性タンニン100%でなめされた革だけを使用します。
植物から採取した「タンニン」という天然の渋を使い、
30以上の工程と2週間から長いもので数か月をかけて鞣されます。
「タンニン鞣し」は皮本来の質感や特性を生かした古来の鞣し方で
最大の特徴は天然皮革特有の経年変化です。
長年使い込むことによって色艶が増し、深い味わいになります。

*コバ磨きへの拘り
革どうしを張り合わせてから革包丁で裁ち、
塗料と磨きを繰り返し最後に仕上げ剤を塗り再度磨きます。
カードポケットやファスナー部分などの細かなところも一つ一つ手作業で行います。
コバ の仕上げ、念入れ、細部へのこだわりはまさに日本の美意識そのもので、
細かい所への一手間一手間が全体のイメージを大きく左右します。

生産国:日本
素材:牛革x裏地 綿100%
サイズ:横42.6x奥行15.3x高さ28.0(cm)
色:イエロー(手染め)
価格:¥400.000-(目安価格です)
納期:約6ヶ月

*パソコンでの閲覧という特性上
商品の画像が実際の色目と多少異なる
場合が有りますがご了承ください。
型番 BBA-911
購入数
Soldout