KAMISHIRAISHI(上白石)真鋳 キーホルダー

横浜のレザー専門セレクトショップがおすすめする
KAMISHIRAISHI(上白石)真鋳/キーホルダー


上白石の真鍮とは
真鋳とは銅と亜鉛の合金で今では家や車のカギ、機械、鞄、財布、服など
私たちの生活を支えてくれています。

上白石の真鍮との出会いはある展示会での事。
金属の中で、真鍮の中で、こんなにお洒落で人目を惹く物があるのか。
どのパーツも目を引くお洒落なデザイン、そして人の手が作るどこか暖かさがにじみ出ている
そんな上白石の真鍮との出会いでした。
アトリエを訪ねるとそこに待っていてくれたのは二代目の代表上白石氏。
真鍮にかける熱い思いを語ってくれました。
無骨だった真鍮をここまでお洒落でエレガントな金具に変えたのは
二代目上白石氏と言っても過言ではありません。
長年の熱い物作りが今や海外からも支持されています。
そんな上白石代表との出会いから、当店でも
上白石の真鍮を取り扱う運びになりました。
革屋と真鍮。
こだわりを持つ職人やアーティストの多くは
あえて上白石の真鍮を扱っているのです。
当店のアーティストたちも真鍮金具は上白石の真鍮でした。
そんな上白石の真鍮をご紹介します。

コンセプトは「持ち運ぶインテリア」
メインはキーホルダーとして、小物としてもお使い頂けますが、
ただ持って歩く、それだけでお洒落。
そう、新しいお洒落アイテムとしてとらえて頂ければ。



製造方法
昔使われていた水道管など真鋳の廃材を溶かしてリサイクルしています。
そして木枠と砂のみを使用したあわせ型に流し込み
絶妙な力加減と手わざで作り上げます。
一つ一つ表情が違うのは砂ならでは。そして手作業で仕上げるため
二つと同じものはありません。

経年変化

真鋳に経年変化という概念は一般的にはなじみがないかと思いますが
真鋳の一つの魅力といえば経年変化をすること。
お客さもの手や酸素に触れることで化学反応し
だんだんと黒っぽく深い色や風合いになっていきます。
環境や使い方によって変化の仕方は異なり
より一層愛着がわきます。

お手入れ方法

エイジングしていくか手を楽しむ方法もありますが
磨いて新品のような輝きを取り戻すという楽しみ方もあります。
メッキ加工と異なり真鋳は素材そのもの。
研磨剤などで丁寧にこすっていただくことで素材本来の
色が出てきます。

ブログでも紹介しています
こちらをクリック

*パソコンでの閲覧という特性上
商品の画像が実際の色目と多少異なる
場合が有りますがご了承ください。
販売価格
6,372円(内税)
購入数