ブライドルレザービジネスバック/ボストンバッグ

横浜のレザーショップがおすすめする
イタリア産ブライドルレザーの職人仕立てアタッシュケース/ボストンバッグ

作成はアーティスト自身による全て手作業にて作成されたものです。
使用した革は本場イギリス産のブライドルレザーを使用しています。
鞄の淵のワイン色のコバは馬車道今井オリジナル色
落ち着いたワイン色がブライドルの革とよく合います。

このコバ塗も、職人の腕の見せ所です。
何一つ妥協を許さない職人のこだわりの一点です。

内側の革には、鮮やかな赤色のピックスキンを使いました。

サイズもA4サイズがすっぽり入る大きすぎず小さすぎずのサイズ感です。
とても上品でカチッと感もある仕上がりになっています。
男性なら一つは持ちたい鞄ですね。

ブログでも紹介しています。こちらをクリック。


タン

グリーン


BRIDLE(ブライドル)について
「ブライドル」とは馬具の綱を意味し、もともと馬具に使う革として
ヨーロッパで生まれました。
ピット槽と呼ばれるプールで数カ月かけて鞣された
丈夫な成牛の革だけを使い、
手作業で数種類の蝋を丹念に擦り込ませます。
『ブルーム』と呼ばれ浸み込んだ蝋の成分が
白く表面に現れるのが特徴で、
初めはマットな質感ですが使い込むほどに
自然なツヤがあらわれます。
芯まで浸み込んだ蝋は革に耐久性と柔軟性を与え、
防水の役割もあります。

『耐久性』と『気品』を両立したイギリス伝統の革
馬具用に作られただけあって耐久性はもちろんですが、
カラーや質感など英国革独特の上品さがあります。
使いはじめはブルームで表面が覆われていますが、
使い込むことで生まれるブライドル特有の奥行きのある艶感は
新品時の艶やコーティングによる艶とは全くの別物です。
スーツ等のビジネスシーンはもちろんのこと、
ツィードジャケット等のトラッドスタイルにもおすすめです。

作成をお願いしているアーティストBashareの紹介
馬車道今井が作成を依頼するアーティストBashare。
「鞄」創りにとことん拘り、妥協なきアーティスト。
コンセプトは
『耐久性』『愛着』『気品』
お客様のご要望や作る作品の内容を何度も打ち合わせをして
素材選びからデザイン、パターン、仕上げに至るまで一貫してお願いしています。

*革への拘り
お客様の特別なリクエストがない限り、素材には、
植物性タンニン100%でなめされた革だけを使用します。
植物から採取した「タンニン」という天然の渋を使い、
30以上の工程と2週間から長いもので数か月をかけて鞣されます。
「タンニン鞣し」は皮本来の質感や特性を生かした古来の鞣し方で
最大の特徴は天然皮革特有の経年変化です。
長年使い込むことによって色艶が増し、深い味わいになります。

*裁断への拘り
裁断には革包丁をつかいます。通常は型通りに切り出してから張り合わせますが、
バシャレでは端を5ミリ大きめに切り、張り合わせてから、余分な部分をまとめて切ります。
そうすることにより、コバが綺麗に揃い、その後のコバ塗にも大きく影響します。
この技法は革包丁でなければ出来ません。

*縫製への拘り
バシャレでは針もこだわり、通常の菱目針ではなく独自にヤスリで削った特別な針を使います。
一針一針傾斜のついたステッチは、力が分散し強度が増します。

*コバ磨きへの拘り
革どうしを張り合わせてから革包丁で裁ち、
塗料と磨きを繰り返し最後に仕上げ剤を塗り再度磨きます。
カードポケットやファスナー部分などの細かなところも一つ一つ手作業で行います。
コバ の仕上げ、念入れ、細部へのこだわりはまさに日本の美意識そのもので、
細かい所への一手間一手間が全体のイメージを大きく左右します。

*切り目本磨き
布海苔と数種類の蝋を使い磨き上げる技法です。
塗料と比べ発色の良さはで劣りますが、使い込むことで革になじむ点と
磨き直すことで再生が可能という特徴があります。

色は下の5色からお選びいただけます。
グリーン                            ブラウン

タン                               ネイビー

ブラック



生産国:日本
技術:全て一人の職人による手作り
作成アーティスト:Bashare
素材:表革 イギリス産 ブライドルレザー  内革 ピックスキン
サイズ:W40H38D10
納期:2〜3ヶ月


*パソコンでの閲覧という特性上
商品の画像が実際の色目と多少異なる
場合が有りますがご了承ください。
型番 BA−BUー01
販売価格
240,000円(内税)
購入数